カテゴリー別アーカイブ: ニュース

東北地方太平洋沖地震による弊社サービスへの影響について

2011年3月14日

株式会社Beat Communication

東北地方太平洋沖地震による弊社サービスへの影響について

このたびの東北地方太平洋沖地震によってお亡くなりになられた方々に対しまして、ご冥福をお祈り申し上げますと共に、被災された皆様、そのご家族の方々に
対しまして、謹んでお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧と、皆様のご健康を心からお祈り申し上げます。
東北地方太平洋沖地震による現時点での当社データセンターおよびサービスへの影響はございません。
本件に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社Beat Communication
TEL   : 03-5778-0387
FAX   : 03-5778-6827
E-Mail : press@beat.co.jp

ビートコミュニケーション、社内ベンチャー制度「Discover the Future」を発足

報道関係者各位
プレスリリース
2011年3月1日

株式会社Beat Communication
ビートコミュニケーション、社内ベンチャー制度
「Discover the Future」を発足

~社内ベンチャー制度開始で、ソーシャルテクノロジーを更に牽引~

エンタープライズ・ソーシャルネットワーク(社内SNS)のリーディングカンパニー株式会社Beat Communication(本社:東京都港区、代表取締役:村井 亮、以下 Beat Communication)は、時代を先取りしたサービスの提供や起業家精神の醸成を目指し社内ベンチャーの制度を発足したことを発表します。
Beat Communicationの社内ベンチャー制度「Discover the Future」は、当社の提供するエンタープライズ・ソーシャルネットワークサービス(社内SNS)があらゆる業種業界で活用され、新たな事業機会を生み出していることを背景として発足しました。当社は、法人向けのソーシャルネットワークを世界で初めて事業化した先駆者として、特に若手社員の柔軟性や独自性、クリエイティブな才能を引き出し、新しい製品の誕生に結びつけていきたいという考えです。
【社内ベンチャー制度「Discover the Future」とは?】
社内公募による新規事業部制度。自ら事業を立ち上げたいという意欲があれば、下記条件を満たしている者であればエントリーが可能。審査を通過した事業プランには会社から一定の予算がつき、提案者は事業責任者として新しいビジネスを事業化することができます。
【社内ベンチャー制度「Discover the Future」概要】
以下のPDFを御覧ください。
社内ベンチャー制度概要
【Beat Communicationについて】
社名 : 株式会社Beat Communication
代表者 : 代表取締役 村井 亮
設立 : 2004年1月6日
資本金:3,500万円
所在地: 東京都港区南青山5-8-1 Scene Akira 3F
URL  : http://www.beat.co.jp
2003年に国内で初めてビジネスソーシャルネットワーク(SNS)実験を行い、2004年には世界で初めて法人向けソーシャルネットワーク(社内 SNS)パッケージ、2008年には世界に先駆けて企業のCO2を削減するITシステム「Eco Style」を開発した会社。東日本電信電話株式会社(NTT東日本)、株式会社NTTデータ、日本興亜損害保険株式会社、株式会社損害保険ジャパン、キヤノンマーケティングジャパン株式会社など数多くの大手企業・団体に主力製品である「Beat Office」をはじめとするSNSシステム等を導入している。
2010年法人向けSNS導入シェア国内第1位(ミック経済研究所調べ)
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社Beat Communication
広報担当: 小石
TEL   : 03-5778-0387
FAX   : 03-5778-6827
E-Mail : press@beat.co.jp

ビジネスSNSの雄Beat Communication、創業7周年を迎えオフィスを初公開

報道関係者各位
プレスリリース
2011年1月25日

株式会社Beat Communication
ビジネスSNSの雄Beat Communication、創業7周年を迎えオフィスを初公開
~ICTで現代の『ネオ・ルネッサンス』を目指す~

法人向けソーシャルネットワークの開発、販売を行う株式会社Beat Communication(本社:東京都港区、代表取締役:村井 亮、以下 Beat Communication)は、事業拡大、人員増加に伴うオフィスの移転ならびにリニューアルが完了したことをお知らせします。
この度のオフィス移転を機に、当社のビジョンを反映した内装に一新しました。リニューアルのコンセプトは『ネオ・ルネッサンス』です。ルネッサンス期は、科学と芸術の両輪により「人間性の解放」を訴え、急速な発展を遂げた時代。ルネッサンス期、科学と芸術が共に栄え競い合い、羅針盤、火薬、活版印刷術など、社会を変える画期的な発明が次々と興りました。一方現代では、ソーシャルテクノロジーが社会構造を大きく変革する発明のひとつであるといえます。当社では、年内に全く新しいソーシャルテクノロジーの提供ならびに新規ブランドビジネス立ち上げを行い、科学と芸術を融合させることで、社会を変革する価値を提供して参ります。
omotesando_img1.jpg
omotesando_img2.jpg
omotesando_img3.jpg
内装は、ICT企業にありがちな無機質なものを避け、アースカラーを基調にクラシックなオフィス家具や間接照明など、ユニークで落ち着いた内装を施しました。社員が就業時間中でも息抜きできる場所としてカフェテリアに力を注ぎ、コーヒーを飲みながらストレスフリーな状態で仕事に取り組み、闊達なミーティングができる場として利用されています。来客スペースはオーソドックスなミーティングスペースの他に、表参道が一望できるラグジュアリーな空間も提供。お客様とフレンドリーなコミュニケーションを必要とする場合に活用しています。エントランスには、人類の未知への挑戦や希望の意味を込め、宇宙船から宇宙を眺めた景色をイメージした、空間をデザインしました。
今回のリニューアルをファシリティーマネジメントの一環として捉えており、お客様や社員にクリエイティブで刺激を与えるような空間を目指しています。Beat CommunicationではITで世の中の問題を解決する物づくりの会社として社員にクリエイティブな人材たることを推奨しています。こうした環境から、科学と芸術との融合を実現する新しいビジネスの創造や、革新的な価値観を日本から世界へ発信していく所存です。
■株式会社Beat Communicationについて
社名 : 株式会社Beat Communication
代表 : 代表取締役 村井 亮
設立 : 2004年1月6日
資本金: 35,000,000円
所在地: 東京都港区南青山5-8-1 Scene Akira 3F
URL  : http://www.beat.co.jp/
2003年に国内で初めてビジネスソーシャルネットワーク(SNS)実験を行い、2004年には世界で初めて法人向けソーシャルネットワーク(社内SNS)パッケージ、2008年には世界に先駆けて企業のCO2を削減するITシステム「Eco Style」を開発した会社。東日本電信電話株式会社(NTT東日本)、株式会社NTTデータ、日本興亜損害保険株式会社、株式会社損害保険ジャパン、キヤノンマーケティングジャパン株式会社など数多くの大手企業・団体に主力製品であるBeat OfficeをはじめとするSNSシステム等を導入している。
2010年法人向けSNS導入シェア国内第1位(ミック経済研究所調べ)
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社Beat Communication
広報担当: 小石
TEL   : 03-5778-0387
FAX   : 03-5778-6827
E-Mail : press@beat.co.jp

Beat Communication、バルス社内にソーシャルネットワークを導入

報道関係者各位
プレスリリース
2011年1月25日

株式会社Beat Communication
Beat Communication、バルス社内にソーシャルネットワークを導入
~アルバイト、契約社員を含む2,000名の社員の福利厚生に活用~

法人向けソーシャルネットワークの開発、販売を行う株式会社Beat Communication(本社:東京都港区、代表取締役:村井 亮、以下 Beat Communication)は、パッケージ商品である社内SNSシステム「Beat Office」を株式会社バルス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高島 郁夫、以下 バルス)へ導入したことを発表します。
「Beat Office」
http://www.beat.co.jp/contents/product/beatoffice.html
Beat Communication代表取締役の村井 亮は、次のように語っています。
「映画”ソーシャルネットワーク”の公開を機にSNSというテクノロジーが大きな話題となっている。映画に登場するサービス”Facebook”は、創始者のマーク・ザッカーバーグが、大学や企業(ペプシコーラ、インテル、ギャップ、アクセンチュア)などに導入することから始まった。現在は、個人向けのサービスとして理解されているSNSであるが、近い将来、海外のように企業がソーシャルネットワークを活用してコミュニケーションを構築していくようになる。我々は、これをビジネスにおけるイノベーションであると考えている。今回バルスが導入したソーシャルネットワークは、そうした意味で、非常に大きな意義がある。」
■導入の背景
バルスでは、Francfrancを始め5つのリテールブランドを国内外132店舗運営し、アジアに向けた出展を進めると共に、国内でも路面店出展に注力しています。この度、社内コミュニケーションの促進と福利厚生の観点から、働きやすい、働きがいのある職場環境を実現する仕組みづくりを検討してきました。検討の段階で、職種、性別、時間、場所を超えて、社員が自由にコミュニケーションを図れる「場」の提供が効果的であるとの考えから、Beat Communicationの提供する「Beat Office」を新しい情報基盤として選択しました。
■選定の理由
バルスが導入した「Beat Office」は、コミュニティ、Q&A、日記機能などコミュニケーションを活性化する機能に特化した社内SNSシステムです。「Beat Office」は、これまで社員数10,000人以上の大規模ユーザーに対して数多くの導入実績があり、業界随一の安定性を誇ります。今回のバルスによる採用は、大規模社内SNSの導入実績と蓄積されたノウハウをもとに開発された機能や安定性が高く評価されたことによるものです。
■導入の効果
今回導入された「Beat Office」は、アルバイト、契約社員を含む約2,000名の社員がPCや携帯端末から利用でき、本社と店舗間の情報格差を解消することを目的としています。コミュニティ、日記機能を使いリアルタイムに情報共有をすることで、地域間格差のないコミュニケーションが可能となりました。また、開発部門と販売部門など、部門間の情報共有により、営業活動への貢献も期待されます。
■今後の展望
バルスで働くすべての社員がつながりを感じ、自ら変革をもたらせる企業風土の醸成を目指します。今後は、研修等への活用も検討し、研修後も社員同士が交流でき、自発的に学習し意見交換ができる環境を構築してまいります。
■株式会社バルスについて
社名 : 株式会社バルス
代表者: 代表取締役社長 高島 郁夫
設立 : 1990年7月11日
資本金: 16億8,087万円
所在地: 東京都渋谷区神宮前5-53-67
URL  : http://www.bals.co.jp/
VALUE by DESIGN(デザインによって新たな付加価値を創出する)という考え方をもとにFrancfrancやBALS TOKYOなどのリテールブランドを通じて「感性豊かなライフスタイル」を提案。
■会社概要
社名 : 株式会社Beat Communication
代表 : 代表取締役 村井 亮
設立 : 2004年1月6日
資本金: 35,000,000円
所在地: 東京都渋谷区東一丁目27-10 東海ビル5F
URL  : http://www.beat.co.jp/
2003年に国内で初めてSNSを始め、2004年には世界初の社内SNSパッケージを開発した会社。東日本電信電話株式会社(NTT東日本)、株式会社NTTデータ、日本興亜損害保険株式会社、株式会社損害保険ジャパン、三井不動産レジデンシャル株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社など多くの大手企業・団体にSNSシステム等を導入している。
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社Beat Communication
広報担当: 小石
TEL   : 03-5778-0387
FAX   : 03-5778-6827
E-Mail : press@beat.co.jp

プライバシーマーク取得のお知らせ

当社は、2010年12月9日付で財団法人 日本情報処理開発協会(JIPDEC)のプライバシーマークの取得審査に合格し、2010年12月24日よりプライバシーマークの使用を認可されました。

「プライバシーマーク」とは、日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

これを機に、お客様へより一層のサービス、商品の提供に尽力すると共に、個人情報に関するコンプライアンス・プログラムを遵守することで、その管理運営を徹底して参る所存です。

10823752_01_150_JP.gif

年末年始休業期間のご案内

寒冷の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。さて、弊社では誠に勝手ながら下記のとおり年末年始休業期間をとらせていただくこととなりました。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご協力くださいますようお願い申し上げます。

休業期間中における、メールにてのお問い合わせやお申し込みにつきましては、2011年1月4日以降、順次ご対応させていただきます。大変ご不便をお掛けいたしますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

  • 年末年始休業期間:  2010年  12月29日(水)   ~2011年1月3日(月)
  • 年末営業最終日:   2010年 12月28日(火)     ~19:00pm
  • 年始営業開始日:   2011年    1月4日(火)    10:00am~

Beat Communication、本社移転のお知らせ~業務拡大に伴う人員増加のため表参道へ移転~

報道関係者各位
プレスリリース
2010年12月1日

株式会社Beat Communication
Beat Communication、本社移転のお知らせ
~業務拡大に伴う人員増加のため表参道へ移転~

js_1_1.jpg本社 エントランス(Office Design:MACオフィス)法人向けSNSの開発、販売を行う株式会社Beat Communication(本社:東京都渋谷区、代表取締役:村井 亮、以下 Beat Communication)は、2010年12月27日より本社を表参道に移転します。


Beat Communicationは、社内SNSのパイオニアとして、これまで渋谷に本社を置き事業展開をしてまいりましたが、社内SNS検討企業の増加による事業成長ならびにブランドビジネスへの新規参入のため表参道へ本社を移転いたします。
ファッションの発信地である表参道への移転を機に、IT企業という枠にとらわれないクリエイティブなサービスの提供を目指し、皆様にご満足いただけるよう社員一同努力してまいります。
※ブランドビジネスの詳細については、後ほど公式に発表します。
移転先については以下の通りです。
【本社移転先】   東京都港区南青山5-8-1 SCENE AKIRA 3階
【電話番号】     03-5778-0387
【FAX番号】     03-5778-6827
【アクセス】     東京メトロ表参道駅から徒歩2分
【営業開始日】   2010年12月27日
■会社概要
社名 : 株式会社Beat Communication
代表 : 代表取締役 村井 亮
設立 : 2004年1月6日
資本金: 35,000,000円
所在地: 東京都渋谷区東一丁目27-10 東海ビル5F
URL  : http://www.beat.co.jp/
2003年に国内で初めてSNSを始め、2004年には世界初の社内SNSパッケージを開発した会社。東日本電信電話株式会社(NTT東日本)、株式会社NTTデータ、日本興亜損害保険株式会社、株式会社損害保険ジャパン、三井不動産レジデンシャル株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社など多くの大手企業・団体にSNSシステム等を導入している。
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社Beat Communication
広報担当: 小石
TEL   : 03-5778-0387
FAX   : 03-5778-6827
E-Mail : press@beat.co.jp

USTREAMで1月20日(水)20:30~生放送! 『2010年のソーシャルメディア大予想』


2010年01月19日
株式会社Beat Communication

動画共有サイトUSTREAMで1月20日(水)20:30~生放送!
『2010年のソーシャルメディア大予想』

~Twitter上で募集した質問も紹介~

この度、株式会社Beat Communication(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:村井
亮)は、「ソーシャルメディア」をテーマにした討論番組を、きたる1月20日(水)20:30より動画共有サービスUSTREAMにて生放送いたします。

番組URL: http://www.ustream.tv/channel/socialmediapredictions2010

当番組は、2010年、「ITメディアはどうなっていくのか」を中心にIT激論をかわす討論番組です。
パネリストには、弊社スタッフのほか、SNSに深い見識を持っておられる日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎 秀夫氏、ビデオジャーナリストでストリーミング配信に関する事業も手掛ける神田 敏晶氏などをお迎えいたします。

国内外を問わず、ソーシャルメディアを用いたビジネス全般を取り扱いますので、「ソーシャルメディアを立ち上げたい」「ソーシャルメディアを利用したビジネスを考えている」といった方は、ぜひご覧ください。

【『2010年のソーシャルメディア大予想』詳細】

■テーマ
1. SNSは今後どうなる?
2. 動画コンテンツはどうなるのか?
3. ソーシャルアプリはどうなるのか?
4. スマートフォンはどうなるのか?
5. 政治とIT、インターネット選挙は今後どうなるのか?
6. 2010年にブレークしそうな3つのサービスは?

■放送時間
2010年1月20日(水)20:30~21:30

■パネリスト
・山崎 秀夫(ナレッジマネジメント協会 専務理事)
連載記事: http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/eigyo/rensai/yamazaki.cfm

・神田 敏晶
Kanda News Network: http://knn.typepad.com/knn/

・Serkan Toto(Tech Crunch 記者)
詳細: http://www.crunchbase.com/person/serkan-toto

・Jonny Li(Beat Communication Co., Ltd. Evangelist)
Beat Communicationについて: http://www.beat.co.jp

■司会進行
加治 まゆみ
Beat Communication 経営戦略室

■同時通訳
小原 崇
Beat Communication Research Engineer

■サポート
村井 亮
Beat Communication 代表取締役

【Twitterにて質問大募集!】

『2010年のソーシャルメディア大予想』では、下記のTwitterアカウントから質問を受け付けております。放送中に紹介されるチャンスもありますので、たくさんのつぶやきをお待ちしています。
Twitter: http://twitter.com/BeatComm

■主催者の概要
社名 :株式会社Beat Communication
代表 :代表取締役 村井 亮
設立 :2004年1月6日
資本金:35,000,000円
所在地:東京都渋谷区東一丁目27-10 東海ビル5F
URL  :ホームページ
    http://www.beat.co.jp/
    Broadcast(※)
    http://www.youtube.com/user/BEATBROADCAST
    Twitter
    http://twitter.com/BeatComm

(※)BEAT BROADCASTについて
Beat Communicationでは、昨年末よりYou Tube上にて「BEAT BROADCAST」と題しまして、日本におけるITリテラシーの向上を目的とし、様々なITサービスの紹介をさせていただいております。
2010年のソーシャルメディア予想をする上で、基礎知識を身につけるのに非常に良いコンテンツとなっております。ぜひご覧ください。

URL: http://www.youtube.com/user/BEATBROADCAST

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社Beat Communication
担当 : 梶田
TEL  : 03-5778-0387
FAX  : 03-5778-6827
E-Mail: press@beat.co.jp

■メディアの方限定!スピーカー、リスナーを募集

『2010年のソーシャルメディア大予想』では、当日スピーカーとして議論に一緒に参加しいていただける報道関係者様、また、リスナーとして白熱する議論を間近で観覧していただける方を募集致します。
参加をご希望の方は、上記までご連絡ください。

<定員>
スピーカー若しくはリスナー 2名

当日、生放送でくり広げられる熱い議論を、間近で体感していただけます。ふるってご参加ください。

 

 

社内SNSシステムをキヤノンマーケティングジャパンに納入(~ 国内最大クラス、社員19,000人が参加可能な社内コミュニティを構築 ~)

 
logo.png
 
 
 
報道関係者各位
プレスリリース
2009年12月22日
株式会社Beat Communication

社内SNSシステムをキヤノンマーケティングジャパンに納入

~ 国内最大クラス、社員19,000人が参加可能な社内コミュニティを構築 ~

株式会社Beat Communication(本社:東京都渋谷区、代表取締役:村井 亮、以下 Beat Communication)は、パッケージ商品である社内SNSシステム「Beat Office」をキヤノンマーケティングジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎 正己、以下 キヤノンMJ)に納入しました。また、これに伴いキヤノンMJでは導入した社内SNSを「Frontline Community」という名称で、キヤノンMJグループ社員約19,000人を対象に2009年11月6日より運用開始しました。

キヤノンMJでは、これまでも社内報やポータルサイトを通して、社員一人ひとりに経営のビジョンや戦略を伝え、行動を喚起するなどグループ連結経営強化を目的としたコミュニケーションの活性化に力を入れてきました。しかし、グループの総合力をさらに向上させるためには、グループ社員約19,000人のそれぞれの知識やノウハウの結集が必要であり、所属部署や勤務地に捉われない自由なコミュニケーションの機会と場の提供が課題になっていました。

この度、Beat Communicationが納入した「Beat Office」は、Q&A、コミュニティ、メッセージ送受信などコミュニケーションを活性化する機能を数多く兼ね備えた社内SNSシステムです。キヤノンMJが求めていた、組織や場所の垣根を越えた相談、意見交換、人脈作りを促進し、社員同士の自発的な双方向コミュニケーションを実現しています。

「Beat Office」は、これまで社員数10,000人以上の大規模ユーザーに対して多数の導入実績があります。各企業の個別ニーズに合わせて機能のカスタマイズを行い、安定的にシステムを稼動してきました。今回のキヤノンMJによる採用は、これまでの大規模社内SNSの導入実績と蓄積されたノウハウをベースにして開発された機能が高く評価されたことによるものです。

Beat Communicationは、今後も社内SNSを中心に、企業が抱えるコミュニケーション課題を解決する支援を幅広く行ってまいります。

■株式会社Beat Communicationについて
2004年世界で最初に社内SNSパッケージを始めたEnterprise2.0のパイオニア。東日本電信電話株式会社(NTT東日本)、株式会社NTTデータ、株式会社損害保険ジャパン、三井不動産レジデンシャル株式会社、株式会社日本航空など様々な業種の大手企業にEnterprise2.0を導入。
2008年には環境問題に取り組むITソリューション「Eco Style」を発表、経済産業省の地球温暖化防止活動における優秀事例として取り上げられるなど、企業の環境への取り組み支援にも力を入れている。

【株式会社Beat Communication 会社概要】
会社名: 株式会社Beat Communication
代表 : 代表取締役 村井 亮
設立 : 2004年1月6日
資本金: 35,000,000円
所在地: 東京都渋谷区東一丁目27-10 東海ビル5F
URL  : http://www.beat.co.jp/

 
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社Beat Communication
広報担当: 梶田
TEL   : 03-5778-0387
FAX   : 03-5778-6827
E-Mail : press@beat.co.jp
canon.jpg

明治大学の学生有志、国内初、大学生向けミニブログ「Pal」を開始、大学生の出会い・会話・情報共有のサポートを目指す

報道関係者各位
プレスリリース
2009年12月21日
Pal運営事務局
株式会社Beat Communication

明治大学の学生有志、国内初、大学生向けミニブログ「Pal」を開始
大学生の出会い・会話・情報共有のサポートを目指す

■概要
Pal運営事務局(運営事務局:東京都葛飾区、代表:二宮 康人)はミニブログを開発し、学生向けミニブログサービスのベータ版を2009年12月21日より開始したことを発表します。大学生向けミニブログサービスとしては国内初となります。

■詳細
ミニブログは、米国政府により豚インフルエンザの最新情報の発信に活用されるなど、世界的に活用が広まっています。この度、明治大学でも学生有志が集ま
り、ミニブログのサービスに着手、株式会社Beat Communication(本社:東京都渋谷区、代表取締役:村井 亮、以下、Beat
Communication社)への開発委託を行い、今月よりベータ版でのサービス「Pal」を開始することとなりました。大学生によるミニブログサービ
スは国内では初となり、【1.新たな出会い場、2.気軽に情報発信できる会話の場、3.必要な情報をリアルタイムに得られる情報共有の場】を大学生に提供
することで、学生間の有益なコミュニケーションの場を広げていきます。英語にも対応しているグローバル対応のため、海外からの留学生も利用可能です。

【ミニブログ「Pal」の特徴】
(1)「いまなにしてる?」の質問に200文字以内で答えることで、様々な話題を話せるコミュニケーション空間が生まれる
(2)大学生限定のサービスのため、利用者にとって身近な人・必要な情報が集まる
(3)携帯電話対応や、自己分析に便利な「質問プロフ」機能など、学生に必要な機能が充実している
(4)日本語と英語に対応しているため、海外からの留学生も利用可能

■Pal事務局の今後の展望
新入生の入学式などのシーズンに合わせて広告キャンペーンを行い、4月中に明治大学で5,000人のユーザー登録を集める予定です。2010年度末には、
2万人以上のユーザー登録を目指します。今後、2010年夏を目処に他大学へもサービスを開始し、”大学生の必須ツール”としての定着を図ります。一方
で、今後も大学生の意見を聞き、Beat Communication社と共同で段階的な機能追加を行います。

■Pal運営事務局について 学生向けミニブログ「Pal」( http://pal-community.jp )
明治大学経営学部高柳ゼミの有志23名によって立ち上げたプロジェクトの運営事務局。学生のニーズをビジネスの形で満たすことを目的に、学生自らが中心の活動を行う。現在、学生向けのミニブログ「Pal」を運営中。

■株式会社Beat Communicationについて( http://www.beat.co.jp/ )
2004年世界で最初に社内SNSパッケージを始めたEnterprise2.0のパイオニア。
日本電信電話株式会社(NTT東日本)、株式会社NTTデータ、日本興亜損害保険株式会社、株式会社損害保険ジャパンなど多くの大手企業にEnterprise2.0を導入。

 
【本件に関するお問い合わせ先】
Pal運営事務局
代表 : 二宮 康人
所在地: 東京都葛飾区青戸1-10-9
TEL  : 080-1110-4510
E-Mail: yn1110@hotmail.co.jp

株式会社Beat Communication
広報担当: 梶田
所在地 : 東京都渋谷区東一丁目27-10 東海ビル5F
TEL   : 03-5778-0387
FAX   : 03-5778-6827
E-Mail : press@beat.co.jp