Beat Communication、バルス社内にソーシャルネットワークを導入

報道関係者各位
プレスリリース
2011年1月25日

株式会社Beat Communication
Beat Communication、バルス社内にソーシャルネットワークを導入
~アルバイト、契約社員を含む2,000名の社員の福利厚生に活用~

法人向けソーシャルネットワークの開発、販売を行う株式会社Beat Communication(本社:東京都港区、代表取締役:村井 亮、以下 Beat Communication)は、パッケージ商品である社内SNSシステム「Beat Office」を株式会社バルス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高島 郁夫、以下 バルス)へ導入したことを発表します。
「Beat Office」
http://www.beat.co.jp/contents/product/beatoffice.html
Beat Communication代表取締役の村井 亮は、次のように語っています。
「映画”ソーシャルネットワーク”の公開を機にSNSというテクノロジーが大きな話題となっている。映画に登場するサービス”Facebook”は、創始者のマーク・ザッカーバーグが、大学や企業(ペプシコーラ、インテル、ギャップ、アクセンチュア)などに導入することから始まった。現在は、個人向けのサービスとして理解されているSNSであるが、近い将来、海外のように企業がソーシャルネットワークを活用してコミュニケーションを構築していくようになる。我々は、これをビジネスにおけるイノベーションであると考えている。今回バルスが導入したソーシャルネットワークは、そうした意味で、非常に大きな意義がある。」
■導入の背景
バルスでは、Francfrancを始め5つのリテールブランドを国内外132店舗運営し、アジアに向けた出展を進めると共に、国内でも路面店出展に注力しています。この度、社内コミュニケーションの促進と福利厚生の観点から、働きやすい、働きがいのある職場環境を実現する仕組みづくりを検討してきました。検討の段階で、職種、性別、時間、場所を超えて、社員が自由にコミュニケーションを図れる「場」の提供が効果的であるとの考えから、Beat Communicationの提供する「Beat Office」を新しい情報基盤として選択しました。
■選定の理由
バルスが導入した「Beat Office」は、コミュニティ、Q&A、日記機能などコミュニケーションを活性化する機能に特化した社内SNSシステムです。「Beat Office」は、これまで社員数10,000人以上の大規模ユーザーに対して数多くの導入実績があり、業界随一の安定性を誇ります。今回のバルスによる採用は、大規模社内SNSの導入実績と蓄積されたノウハウをもとに開発された機能や安定性が高く評価されたことによるものです。
■導入の効果
今回導入された「Beat Office」は、アルバイト、契約社員を含む約2,000名の社員がPCや携帯端末から利用でき、本社と店舗間の情報格差を解消することを目的としています。コミュニティ、日記機能を使いリアルタイムに情報共有をすることで、地域間格差のないコミュニケーションが可能となりました。また、開発部門と販売部門など、部門間の情報共有により、営業活動への貢献も期待されます。
■今後の展望
バルスで働くすべての社員がつながりを感じ、自ら変革をもたらせる企業風土の醸成を目指します。今後は、研修等への活用も検討し、研修後も社員同士が交流でき、自発的に学習し意見交換ができる環境を構築してまいります。
■株式会社バルスについて
社名 : 株式会社バルス
代表者: 代表取締役社長 高島 郁夫
設立 : 1990年7月11日
資本金: 16億8,087万円
所在地: 東京都渋谷区神宮前5-53-67
URL  : http://www.bals.co.jp/
VALUE by DESIGN(デザインによって新たな付加価値を創出する)という考え方をもとにFrancfrancやBALS TOKYOなどのリテールブランドを通じて「感性豊かなライフスタイル」を提案。
■会社概要
社名 : 株式会社Beat Communication
代表 : 代表取締役 村井 亮
設立 : 2004年1月6日
資本金: 35,000,000円
所在地: 東京都渋谷区東一丁目27-10 東海ビル5F
URL  : http://www.beat.co.jp/
2003年に国内で初めてSNSを始め、2004年には世界初の社内SNSパッケージを開発した会社。東日本電信電話株式会社(NTT東日本)、株式会社NTTデータ、日本興亜損害保険株式会社、株式会社損害保険ジャパン、三井不動産レジデンシャル株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社など多くの大手企業・団体にSNSシステム等を導入している。
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社Beat Communication
広報担当: 小石
TEL   : 03-5778-0387
FAX   : 03-5778-6827
E-Mail : press@beat.co.jp

プライバシーマーク取得のお知らせ

当社は、2010年12月9日付で財団法人 日本情報処理開発協会(JIPDEC)のプライバシーマークの取得審査に合格し、2010年12月24日よりプライバシーマークの使用を認可されました。

「プライバシーマーク」とは、日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

これを機に、お客様へより一層のサービス、商品の提供に尽力すると共に、個人情報に関するコンプライアンス・プログラムを遵守することで、その管理運営を徹底して参る所存です。

10823752_01_150_JP.gif

ダイワビジネスニュース、194号に掲載されました。

社内SNSのパイオニアとして海外市場開拓に挑む

DBN2011.jpg社内SNSのパイオニアという自負の下、自社開発のソフトウエアを中心に大手企業を主体とする堅実な経営で顧客を拡大。2011年には新製品と新規事業を展開し、本格的な海外進出を狙う。

■目標は企業内の情報格差の解消

社内SNS導入の目的や用途は、企業によってさまざまだが、ビートコミュニケーションでは企業内での情報格差の解消を大きな目標に褐けている。具体例を挙げると、ある企業では二つの部署の約300人の参加で始めた社内SNSが、ほんの数年間で8000人以上のコミュニティに拡大し、本社の情報がリアルタイムで支店や営業所に流れるようになった。その結果、本社で扱っているソリューションを支店の顧客とマッチングさせる新たな動きが相次ぐようになったという…

掲載内容は以下PDFを御覧ください。

ダイワビジネスニュース2011WINTER