Beat Communication がNTTコミュニケーションズとアプリケーションパートナーとして協業

 

2009年331

報道関係者各位

プレスリリース

株式会社Beat Communication

 

 

Beat Communication NTTコミュニケーションズとアプリケーションパートナーとして協業

SaaS基盤「BizCITY for SaaS Provider」へ「Beat Office」を提供~

 

 

株式会社Beat Communication(本社:東京都渋谷区、代表取締役:村井 亮)は、NTTコミュニケーションズ株式会社 (以下:NTT Com、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和才博美)のSaaS1基盤「BizCITY for SaaS Provider」上で社内SNSパッケージ「Beat Office」を展開し、アプリケーションパートナーとしてNTT Comと協業していくことで合意しました。

 

今回提供する「Beat Office」は、堅牢な安全性・軽微なシステム負荷・機能の豊富さと扱いやすさなどで、高い評価を得ている社内SNSパッケージです。アプリケーションパートナーとしての協業によりNTT ComセキュアなVPN上で「Beat Office」をご利用いただくことが可能となります。これにより、インターネット環境とは完全に切り離されたネットワーク構成、帯域コントロールの排除、NTT Comのネットワーク常時監視によるトラブル時の迅速な対処を実現します。

 

昨今では「Beat Office」上で機密情報を公開・共有する企業が増加していることから、より強固なセキュリティ・情報管理への対応を検討してまいりました。今回、NTT ComVPN対応サービスを製品ラインアップに加えることで、セキュアなシステム構築を求める顧客層への販売拡大を見込んでおります。また、エンドユーザー向けの共同プロモーション活動を開催することで、社内SNSの認知度向上、市場拡大を図っていく予定です。

 

・サービス受付開始時期 

200941日(水)より

 

BeatOfficeについて】

Beat Office」は社内向けに特化したSNSパッケージで、多数のユーザー意見をもとに様々な機能を搭載。多くの機能を1つのツールとしてワンストップで使うことができ、社内Web 2.0空間を作ることが可能。

NTT Comでも20074月より社内コミュニケーションツールとして弊社「Beat Office」を導入し

ています。

 

 

1 SaaSSoftware as a Service

ソフトウェアをネットワーク経由で提供するサービス

2 BizCITY for SaaS Provider

NTT Comが提供するSaaS事業者向けの基盤サービスの名称

 

 

■ 株式会社Beat Communication概要( http://www.beat.co.jp/ )

2004年世界で最初に社内SNSパッケージを始めたSNSのパイオニア。東日本電信電話株式会社(NTT東日本)、株式会社NTTデータ、日本興亜損害保険株式会社、株式会社損害保険ジャパン、株式会社日本航空、オムロン株式会社など多くの大手企業にSNSを導入。

 

 

■ 本件に関するお問い合わせ先

株式会社Beat Communication

経営戦略室 小坂

Tel :03-5778-0387

Emailpress@beat.co.jp