日経産業新聞

nikkeisangyo20071211.gif

『井筒屋が社内SNS』 ビートコミュニケーションが供給/流通の業務に対応

北九州地域を地盤とする百貨店の井筒屋は、売場担当者やバイヤー、管理職など社員約八百人が参加するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を導入した。
現場や外回りに出ている社員が多いうえにシフト勤務制を敷く実態に合わせ、外部からもアクセスできるシステムにしたのが特徴。
同様の就業形態をとる流通業やサービス業にも、類似の方式を採用したSNSの普及余地がありそうだ…