週刊ダイアモンド  2007.11.17

daiamond_20071117.gif

お客の心をつかむには身内から注目が集まる社内SNS

ウェブ戦略に取り組む関係者の多くはお客の心理をつかみかねている。そんななか見直されているのが社内SNSだ。社員が「対話」の重要性を理解することこそが、成功への近道なのである。

社員との「対話」を徹底 損保ジャパンの本気度…なかでも「先進的な取り組み」と評価が高いのが、損保ジャパンが2006年10月から本格的に導入した社内SNS「社員いきいきコミュニティ」である。コミュニティの参加者は各職場につき1~2人、全体では約1500人ほどに及ぶ。注目すべきは、「参加者の信頼を決して損なわない」という運営者側の徹底したポリシーだ。そのため、これまでコミュニティが荒れたことは一度もないという。