日経産業新聞

2006_9_19nikkeisangyo_s.jpg

『早稲田塾社内SNS導入/グループ企業内で情報共有促進』

予備校の「早稲田塾」を運営するサマディは、教職員やインターシップの学生約300人が参加する社内SNSを導入した。
システムは、ソフト開発のビートコミュニケーションの「Beat Pro」を採用した。
同システムは日記、掲示板、メッセージ交換などといったSNSの基本的な機能だけでなく、米グーグルの地図サービスと連携したコンテンツ制作や、ブログ公開機能なども持つ。